北風とタロー

Feb, 2008

よーし,事務仕事が早く終わったー!タロー!ナガ散歩行くぞー!!

「行ってらっしゃーい」

ドレミは事務の負担が大きいので,いつも授業ぎりぎりまでPCに向かっている。タローとボクは赤になりそうな横断歩道にダッシュした。時間のあるときは公園を横切って,川原の遊歩道まで散歩に行く。広い川を渡ってくる風は冷たいので,寒い日の川岸は人もワンちゃんもいないときが多い。そんなときがボクとタローの天国だ。リードを解いてボールフェッチを思い切りできる。

らっきー!だーれもいないぞー。そーれ!フェッチ!!

暖冬と言われて一度暖かくなったのに,ここ数日は冬に戻ったように寒い。きょうも午後から曇ってきて,遅い初雪が降るかもしれないという予報だった。

予想通り,どんより曇った川岸には全く人影がなかったので,調子に乗りすぎた。思いっきり投げたボールが思いっきりジャンプしたタローの鼻にぽーんと当たって川に転がった。岸まで追いかけたタローがじたばたと激しく足踏みをしている。

「タロー!STOP!BACK!」

ボクが叫びながら走る間にタローは岸辺の岩に飛び,首を水面につきだした。が,わずか数センチ。鼻息が届いたのか,ボールはついと流れだし岸を離れていった。タローがバランスを崩して浅瀬に落ちたとき,ボクはその首に抱きついて止めた。

「タロー!また買ってやる。おんなじの買ってやるから。」

タローには大事なボールしか目に入っていない。ボクを振り切るようにコンクリートの護岸を川に沿って行ったり来たりしてボールを追おうとした。

きゅんきゅんきゅんきゅん…

足をじたばたさせながら泣き続けるタロー。小さい頃からずっとあのボールで遊んできた。ボクは雪雲を映す鉛色の川面を見つめた。川面の雲の切れ間にドレミがあきれている顔が映る。

「ずぶ濡れで帰ったら叱られるだろうなぁ。」

川に入る決心をしてジーンズの裾をまくろうとしたそのとき,ボクとタローのまわりの雑草がざわざわと動き強い北風が吹いてきた。見る間に凪いでいた川面がさざめきたち,ボールがわずかに岸に向かって進路を変えた。川辺にはボートの座礁を防ぐための杭が点々と立っている。とっさにボクは川下に走り,岩から杭に飛び移って,さらにロープにつかまりながら,もう一本沖の杭に飛んだ。伸ばした手のひらにタローボールが入ってきた。

「タロー!!やったぞ。」

振り返ると水面ぎりぎりの岩のところまでタローも来ていた。ボクの感動は相当犬好きの人にも,子煩悩な人にもきっと理解できないだろう。

ボクは初めて「パパ」をした。

這うように岸にたどり着いたとき,対岸の菜の花が黄色く輝き,盛りになっていることに気づいた。

TOPへ戻る