へびを救う

Aug, 2007

八ヶ岳にある秘密の湖で犬を遊ばせた帰り道,川岸に真新しい投網が捨てられているのを見かけた.そして網から長い蛇の尻尾がのぞいていた.ドレミが悲鳴をあげ,ボクは逃げ腰で20Dを構える.普通ならばそれで終わるところだが,ファインダの中に感じた違和感からこの小さな物語は始まる.

だらりとのびたまま蛇はピクリとも動かない.かと言って,体表のつやは死骸のそれではない.蛇が死んだふりをするというのも聞いたことがない.小さなつぶてを放ってみたがやはり反応がない.

「もしかしたら,網に絡まって動けないのかもしれないぞ」

投網の縁には金属の鎖がついている.恐る恐る網を持って広げてみると,果たして蛇の菱形の頭が鎌首をもたげた.愛犬トラノスケが鼻を鳴らしながら近づく.

「ノー!」

ボクらの剣幕に驚き,トラノスケは飛びのいて静観する体制をとった.

「ステイ!」

毒蛇かどうかはわからないが噛まれてはことだ.蛇は赤い目をせわしなく動かし,舌をちろちろと出し入れして威嚇している.首から20センチくらいのところが,網にがんじがらめになっている.もがきながらいくつも小さな網目に突っ込んでしまったらしく,何本かの糸が鱗に食い込んで見えない.80センチほどもある体は,その部分から下が太くなっていて,戻ることもできずに暴れたのだろう.

今は運命を諦めたようだ.心ない人間が放置した網は野性動物にとっては恐ろしい死の罠だ.あるいは狐やりすが同じ運命に落ちていたかも知れない.

「助けなくっちゃ」

ドレミが震える声でつぶやく.

うわあ,オレかい.無理だよぉ.爬虫類の映像見ただけで,食事が喉を通らなくなる弱虫なんだから….

でも確かにこのままでは明日の朝には死んでしまう.

ドレミが木ぎれを拾ってきて網を解こうとした.鎖の重さがかかって食い込む糸が絞まるのだろう,蛇は頭を振って,今まで動かなかった太い尻尾をくねらせた.ボクたちは二人同時に悲鳴を上げて飛びのく.トラノスケはさらに後ろに逃げた.ドレミの勇気には舌をまいた.蛇が落ち着いたのを見ると

「痛いでしょう.じっとしてて」

と話しかけながら,今度は手で絡んだ糸を一本一本ほぐし始めた.蛇はまるでその言葉がわかったかのように大人しくなり,されるがままにしている.しかし,何本もの糸が体に深く食い込んでいる上に,網は2m四方ほどもある頑丈なものだ.もし,ボクにもっと度胸があって,蛇を掴んで引っ張ってやれたとしても,網を外す前に体がちぎれてしまいそうだ.鋭利な鋏で網をそっと切るしかないが,もちろん鋏など持っているはずもない.ポケットを探るとライターが手に触れた.試しに網の端を指でつまんで,ライターの火を近づけると,ナイロンの糸は溶けるようにぷつりと切れた.

いけるかも知れない.

ドレミの持ち上げた糸を慎重に焼き切っていく.網のテンションが徐々に解けて,宙づりだった体が地面についたが,蛇はピクリとも動かない.

いよいよ蛇の腹に横から火を近づける.ライターを横に使うので,親指が熱いが蛇はもっと熱いだろう.ぷつっと糸が切れて,絞られていた体が弾むように元の太さを取り戻す.

あと,3本.

緊張と恐ろしさで,額から冷や汗が吹き出して地面にぽたぽた落ちる.こんな間近に蛇を見ることさえ生まれて初めてなのだ.ちらりとドレミを見たが次の糸をほぐす作業に熱中している.蛇は依然として身じろぎもしない.ドレミが黙って糸を持ち上げるのに呼吸を合わせて,またライターを点火した.

残り一本になって,体の自由を取り戻した蛇が急にうねうねと体をくねらせ始めた.

「いい子だからもうちょっとがまんね.」

…蛇と会話すんなよ.

大人しくなった「いい子」の腹に,ボクは最後の火を近づけた.

ぱらりと糸が外れて,蛇はいきなり生気を取り戻し,80センチのU字を描いて川の方へターンしていく.茂みに姿を消す刹那,気持ちよさそうに一周ぐるりととぐろを巻いた.あるいは感謝の挨拶だったのかもしれない.

「もうへんなものに首突っ込んじゃダメよー.」

川からぽちゃんと小さな水音がした.

TOPへ戻る