ホーム街撮り東京小夏

深川の外れにオフィスを移したのは、2002年の初夏の頃。以前の会社をスタッフに譲り、1年間のオフを取ったボクとドレミは蓄えを使い果たし、ほとんど無一文になっていました。今度は二人だけでできる小規模なオフィスを起ちあげようと開業したものの仕事はほとんどありません。不安だらけの毎日だったはずなのに、今にして思えば、かけがえのない楽しい日々でもありました。下町の風景が珍しくて、さかんに撮影していた当時のコンテンツに、1年後、2年後の写真を加えてリニューアルしてみました。