エントリー

カテゴリー「日々の記録」の検索結果は以下のとおりです。

晩夏の休日

9/3分

月曜日,久々の休み。弱り目に帯状疱疹!ここは休まねばならない。体だけでなく心を休めるためには…どうだろう,水彩絵具を一新させるというのは。愛用していたパンケーキ*のウルトラマリン*をお盆前に使い切った。ローアンバー*も残り少ない。それを補充しようと思っていたがこの際,自分への夏ボーナスでゼイタクにもW&N*のチューブで揃え直すことにした。

パンケーキ:水彩絵具を固めて丸い容器に納めた絵具 / ウルトラマリン:群青色 / ローアンバー:暗い茶色 / W&N:ウインザー&ニュートン社。イギリスの絵具メーカー

世界堂*まで車で行った。たぶん駐車場無料券分におつりがくるだろう。妻も同伴である。こちらはムリに誘った。一人じゃ行きたくないと駄々をこねた。ボクが絵具を選んでいる間,なおみは向かいの伊勢丹でなにがしかショッピングして待つ。

世界堂:新宿の画材屋

18090402m.jpg

じゃーん!!どんどんどんどん!じゃーん!!メタリックなチューブが今回新調した色。

た,高いわ(;^_^A…さすが舶来品。パレットは世界堂オリジナルの2000円ちょっとだが,絵具が6500円。小さな水彩のチューブが1本平均500円している。

ああ,贅沢な買い物して心を休めようとしたのにあまりの値段にびびって休まらなかった。

夕飯にはドイツから自分土産の乾燥マッシュルームを放出してクリームシチューを作った。

18090403m.jpg

浮き実のクレープ替わりに麩を使ったところが我ながらアイデア♪

ワインを飲みながら録画してあったせごどん!や英雄たちの選択を見る。…完璧に幸せな休日のようだがもの足りない。贅沢だと分かっていてももの足りない。

タロ散がない。タロシャンがない。ボールフェッチがない。ブラッシングがない。爪切りがない。だーだだーだ*がない。ぎゅっと*がない。

わかっている。ないものねだりをしてもいないものはいない。深夜,なおみが声をあげて泣いたので目が覚めた。一日楽しそうにしていたけれど,なおみも同じように思い出していたのだろう。今は休日に心休めるのもなかなか難しい。 

だーだだーだ:タローをあやす / ぎゅっと:タローを抱きしめる

ベートーベン スプリングソナタ

大学生のときの名コンビは20年ぶりに合わせても息がぴったり♪

…ちょっとビデオに緊張して間違えたりしてるけど(笑)

Keiちゃんの指が例えば一点イの鍵盤をたたくと,435~445Hzの音が440Hzをピークに二次曲線を描く。

それが柔らかく重なり合って弾むように軽やかな伴奏が生まれる。 

ボクらはKeiちゃんのピアノのファンである。

幸せの足音

今日は義弟Kの結婚式だった.都立入試日の翌日である.申し訳ないが臨時休校で振り替えをお願いしますと土曜の子たちにお知らせすると,翌日にはそれぞれレスポンスがあった.全く以て親御さん(クライアント?)に恵まれている.物理的には日程が組めたが入試本番と下級生の定期試験対策,それにそれぞれの補習が重なっているところで体の日程が組めるのかはあまり検討されていない.

母にタローを託し,早々と1時間前に会場入りした.クリスチャン同士,自分たちの教会と近くのレストランを借りた手作りの結婚式…と,なると当然,カメラマンはボクしかあり得ない.記念撮影に失敗してはタイヘンなので,ストロボの発光量などカメラテストの必要がある.

はい,カメラテスト三回目行きます.にっこり笑って…

17022501.jpg

ただのカメラマンではなく,自分も記念撮影に収まらなくてはならないので,セルフタイマー撮影も練習しておいたので,本番も2回で首尾よく成功した.誰か目をつぶっちゃってたらどうするのかって…はははは.ウデが違う.ボクのレタッチ技術なら目なんて簡単に開けます(笑)

17022507.jpg

 

ニューヨークからめぐみ伯母さんも駆けつけた.

17022502.jpg

 パーティー会場入り.ウエルカムボードのイーゼルもボクの野外スケッチ用なれば.

17022503.jpg

 

新郎新婦入場.

Kクンは再婚である.前回,大恋愛結婚したパートナーとの家庭がうまくいかなかった.真面目すぎる性格なのでもろにさまざまなプレッシャーを浴びて,ストレスからメンタルを,そして身体もやられた.離婚したときは,骨と皮だけの骸骨だった.ホントに病死してしまうかと誰もが思ったが義母の献身的な介護で少しずつ回復した.そして独学で介護の資格を取って再就職し今日を迎えた.

新婦は沖縄の人で南国の海と空のような明るい性格だった.体型も性格も前回とは正反対の気さくなお嬢さんだ.

17022504.jpg

 

Kがクラリネットで「涙そうそう」を演奏した.幸せの予感がしたのか,なおみが客席でぎくぎくと泣き出し,涙そうそうになってしまって,注目を浴びてしまった.

続いてその姉によるメンデルスゾーンの「春の歌」である.トリではご老齢ながら沖縄踊りの師匠をされている新婦のお母さんが踊りを披露する予定だ.クオリティは高そうである.東京代表としては絶対に負けられない「春の歌」(笑)の演奏にあたってレストランにはピアノがないことが事前に分かっていた.伴奏は必要だ.持ち込める楽器…持ち込める…ボクのギターに白羽が当たった.…と,いうか強引に立候補した.

チョコちゃんにギター伴奏用の楽譜を書いてもらって年末からほぼ毎日始業前に練習した.毎日と言っても,受験生が学校から直接勉強に来たりしてできない日もあって,とくに2月に入ってからはあせった.弦も愛用している弦を外し,クラッシックの伴奏に合う弦を張った.

17022506.jpg

緊張したが練習量が支えたのか間違えたのは2か所だけだった.ボクよりなおみの方が本番だけグダグダだった.オハコの曲なのに….

17022505.jpg

サプライズも仕込んである.バイオリンで「てぃんさぐぬ花」をワンフレーズ,そして三線を模してつま弾かせながらボクが歌った.こちらは夏川りみちゃんの動画からコードを起こし,ビギンの音程に移調編曲した.たどたどしい発音だったかもしれないけれど,沖縄の人たちから手拍子も歌声もあがって大好評だった.「てぃんさぐ」は鳳仙花のことだと知った.琉球ことばで練習しながら訳を見て驚いた.ご存じでしょうか…この歌詞を冷静にお嫁さんとご両親の前で歌い切ったのは我ながらあっぱれである.

「てぃんさぐぬ花」

てぃんさぐぬ花や 爪先(ちみさち)に染(す)みて

親(うや)ぬゆし事(ぐとぅ)や 肝(ちむ)に染(す)みり

天(てぃん)ぬ群星(むりぶし)や 読(ゆ)みば読(ゆ)まりしが

親(うや)ぬゆし事(ぐとぅ)や 読(ゆ)みやならん

…夜空の星は数えようとすれば数えられるけれど,親の教えは数えきれません.(シュウ訳)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着エントリー

腰の病院
2018/11/21 15:56
皆さまへ
2018/11/20 00:03
連休
2018/11/19 23:15
タロー動画更新
2018/11/18 22:18
タロー写真集更新
2018/11/18 21:52

新着コメント

Re:連休
2018/11/21 from シュウ
Re:連休
2018/11/20 from ばんぶう
Re:シュウたん
2018/11/17 from シュウ
Re:シュウたん
2018/11/16 from joyママ
Re:シュウたん
2018/11/16 from シュウ
Re:シュウたん
2018/11/16 from シュウ
Re:シュウたん
2018/11/16 from chimiri
Re:シュウたん
2018/11/16 from ばんぶう
Re:シュウたん
2018/11/16 from 管理者宛のご投稿
Re:11か月
2018/11/15 from シュウ

Feed