函館本線

JR北海道函館本線の森~七飯,通称八の字区間


運行:JR北海道  撮影区間:七飯ー大沼駅間
公式HP:JR北海道道南エリアマップ
撮影地:北海道亀田郡七飯町大沼町
撮影日:2016年4月

母がカメラに夢中になっていたのは,ボクがまだ高校生の頃のことですから,思えば40代の後半。大きなカメラクラブに入会したところが,会員は年配の男ばかり…。あの性格ですから,アイドルのようにちやほやされながらみんなに教わってメキメキ腕を上げたようで,とうとう都の展覧会に入選して展示され,東京都知事賞を受賞してしまいました。その後,デジタル時代にもよく対応し,数年前までは一緒に撮影に行ったりもしていたのが,80才を過ぎたころから急に写欲が衰えてしまいました。それはボクとしてもとても寂しいことなので,誘ったり,挑発したり,おだてたりしていたのですが,なかなかその気になりません。

そして連休を利用した北海道旅行。なんと,母と義母,それにそれぞれの愛犬を連れ,総勢4名+犬3頭で東京から車で出かけるという大企画。その2日目の朝,道南の宿を出てすぐに,車が駒ケ岳を背景に大沼のほとりを走る区間にさしかかりました。道路と湖の間を函館本線の線路が通っています。ダメ元で

「オフクロ,あと20分くらいで札幌方面行の特急が通るけどヤルか?」

…と,誘ってみました。すると旅の効果でしょうか,珍しく母がやる気になって車を降りると言い出したのです。


それを聞いた妻のドレミはあうんの呼吸。運転席に移り,義母と犬たちを連れて沼に遊びに行きました。そしてボクと母は寒風吹きすさぶ湖岸の道に残ります。
Aquos SHL24


路側帯は狭く,道路には猛スピードで車が通る危険な場所です。母が本気モードに入ってます。
Xperia Z Ultra SOL24


「来た来た来た来た!!!」

ま,列車はありふれた北斗なのですが,緊迫感を煽るためにことさら盛り上げると,これが大当たりです!!母のテンションが一気に上がり興奮マックス♪


連写をかける母子の前を猛スピードで北斗が通過していきます。

「うーん,やっぱり,駒ケ岳を入れるなら函館行の方が前向きだからいいなあ。どうだい。寒いけど18分待てば普通列車の函館行が来るよ…」
「よし!待とう!!」

EOS 5D Mark II + EF24mm f/1.4 L USM

…しめしめ。乗ってきました。妻とラインで「もう一本待つ」「りょ」とやり取りしてから,少し東へ移動します。


足を痛めている母に肩を貸しながらとぼとぼと上り坂の路側帯を行きます。反対側の沼に陽が当たってきれいなので,フレーミングしていたその時です。
EOS 5D Mark II + EF24mm f/1.4 L USM


ぬわー!!森駅に向かう想定外の普通列車が通過しました。思わず反転してカシャカシャ…結局,これがこの場所のベストショットとなりました。八の字路線ゆえか,はたまたゴールデンウィーク特別列車か…時刻表にはなかったのです。
EOS5D Mark II + EF24mm f/1.4 L USM


二人で新しいポジションを取ったのもつかの間,

「うぉぉおおお,来た来た!!」

…って,今度は貨物ディーゼルのDF-200 55 でした。
EOS5D Mark II + EF24mm f/1.4 L USM


いよいよホントに来ました。函館行の普通列車です。

「来た来た来た来た!!」

今度は興奮を抑えきれずに叫んでいるのは母です。
EOS 5D Mark II + EF70-200mm f/2.8 L USM


ゆったりと気動車が大沼の横を行きます…と,思ったところが,後で調べてみたら,つながっているけどこの辺は大沼ではなく「小沼」と呼ぶそうです。
EOS 5D Mark II + EF70-200mm f/2.8 L USM

ま,いっか。久しぶりに元気なオフクロと撮ったし…(;^_^A

ラインに「終了,寒いから早く迎えに来て」と,打ちながらふと振り返ると,いつの間にか背後の駐車スペースに車が戻って来ていました。タローが窓から乗り出し,ドレミが手を振っています。


ごとごとごとごと…函館行キハ40型がのんびり遠ざかって行きます。

「どうだい。オフクロ,明後日あたり,今度はオホーツク海で釧網本線やっつけようや。」
EOS 5D Mark II + EF70-200mm f/2.8 L USM


crap ←「拍手ボタン」です。このコンテンツをお気に召されましたらクリックをお願いします。