エントリー

なかなか

  • 2017/07/19 23:17

「あのトクハシっていうヒト…雑誌に載ってたよ。ここの教授。ネットでも評判だった。」


電光掲示板に表示された学部長の名前を見て、待合いのソファで隣に座った初老の男が付き添いの奥さんに説明している。


やっぱりそうなんだ。


とボクはひとりごちる。いつもと同じ時間に家を出て特に道路が空いていたわけでもないのに整形の受付開始前に着いた。果たして診察が始まると教授の名前の欄の先頭にボクの番号が表示された。


おはようございます。実はハガキには調子のいいこと書いたのですが2回目の注射はイマイチでした。


「そうか。注射も薬も最初が一番効くんだよ。とにかく黙って5回射つんだ。」


5週連続射ってみる…確かに学部長は最初からそう言っていた。1回目の劇的効果にはしゃいでいたのはボクだけだ。彼は冷静だった。この病気、注射一本であ〜ら不思議と治ってしまうほど甘くないと彼は当然知っている。それでも「ここかここか」と探りながら1回目と同じ場所に3回目を射ってくれた。そして電子カルテに人差し指入力で


「2回目はイマイチ」


と読み上げながら打ち込んでいる。とにかくこの人のためにここで全快したいと強く思いながら病院を後にした。3回目も効果の方はイマイチだった。

携帯を買う

  • 2017/07/18 18:33

ボクのXperiaはタップしてから画面が反応するまで3秒かかるようになった。もはや情報端末としてもカメラとしても役に立たない。なおみのアクオスも限界が近い。現代の工業製品は大事に丁寧に使っても報われることなく時期が来れば壊れるようにできている。

ヨドバシカメラの売り場に行くと担当した店員が中国人だった。名札に「てい」と書いてある。

鄭成功の末裔?

…本気でそう聞いたが苗字は「程」の「てい」だった。それでもそれをきっかけに仲良くなってとても親切にしてもらった。こういう道具を対面で買うときの気分は大事だ。毎度使うたびにこのいい気分を思いだす。ていクンの最大の功績はボクの通話がほとんどないことを見つけ,ボクたちの携帯の使い方の相談に乗ってくれたことだ。彼がいくつか出した案の中から,結局ボクの携帯は解約し,なおみの付属タブレットに落ちぶれることで一気に通信費を安くするというコースを選んだ。

…というわけでボクの携帯電話及び携帯メールは使えなくなります。LINE,gmailなどで代替してください。

新宿で二手に分かれ,ボクは地下鉄と駅の有料駐車場に停めた自転車で家に車を取りに帰った。タローを乗せて都心を急いでいると篠突くような雷雨になった。ばらばらとヒョウまで降って来た。

17071801b.jpg

教室に着くと,なおみが外に出て,買ったばかりのアイフォンを振り回していた。

「ヒョウを撮ってたのよ。まだ使い方わからないから失敗した。」

…梅雨明けも近い。

 

不器用ですから…

  • 2017/07/16 22:30

ボクの趣味で開かれる映画鑑賞会。

前回スタンリーキューブリック監督「スパルタカス」に続く第二弾!!

ジャーン!!山田洋次監督「遥かなる山の呼び声」

なおみは恒例高校仲良し五人組とランチである。

前夜(力仕事はすべてなおみ)セッティングしてあったものの,参加15人分のポップコーンやホットドックを作るのはタイヘンな重労働。

おまけになおみがいないので,家でちょっとのつもりの昼寝が深寝になって,遅刻寸前午後4時にとび起きた。すわ!タイヘン!タロー散歩まで含め奇跡の動きをして40分過ぎに教室入りした。もし首都高が渋滞していたらアウトという薄氷の危うさである。

あらよっと♪

ここまで喜ばれるとやりがいも出る。

休憩時間にはなおみが到着して助かった。

倍賞千恵子の微妙絶妙な演技はこどもたちには難しい。

が,健さんと吉岡クンのストレートさが子どもたちに感動と涙に誘う。

おまけにクライマックスはハナ肇のくさい演技だからさらに分かりいやすい。

山田洋次が現代っ子を泣かせた。

映画がはねて片づけをしていると,リョーコが近づいてきてあの真っ直ぐな目で

「シュウ先生,高倉健に似てます。」

と言うではないか。なんとー!それは健さん亡き後日本でいちばんかっこいいと言ってるのに等しいことがわかっているのだろうか。

ボクは髪をこれ以上伸ばすのをやめることにした。心なしか話し方までクールになってくる。

片づけを終えて帰ろうと外に出たところにりりたちが走って来た。

「せんせー!あの,これから一緒に花火しませんか。」

喜んで行かせてもらうよ(クールに)

神経ブロック

  • 2017/07/12 22:47

貢物を準備していそいそと病院へ。

17071201a.jpg

初回の劇的な変化から推定すると,今日はもうすいすい歩けるようになるのではないかと半ば本気で期待していた。

…2回目は場所をずらしてみたこともあって不発だった。

痛みや痺れは変わらない。精神的ダメージも大きい。人生,そううまくはいかなくできている。

がっかり。

葬儀

  • 2017/07/11 23:59

もう一度,いっしょに飲みたかったね。

半夏抄「オークスと花束」松江で幡ヶ谷で飲んだくれる。

日々の記録「90才の伯父を見舞う」樺太抑留の思い出を語る。

四国旅行初日」高知で飲んだくれる。

訃報が届いたのは先週のこと,98才だった。

17071101a.jpg

ボクが物心ついたときからスキンヘッドだった。40代でつるつるだったことになる。

笑顔しかみたことがない。なおみの一番の飲み友だちだった。

17071102a.jpg

棺には馬券がたくさん納められてみんなの笑いを誘ったが,同じ数ほど母が宛てたハガキや手紙があった。

姑,小姑の辛辣な嫁いびりに泣いた母のたった一人の味方だった。

何度もこっそり銀座の不二家に呼んで,母の愚痴を聞き慰めてくれた。

が,表立ったことはしない人だった。

17071103a.jpg

千駄ヶ谷の生まれで,眉唾の武勇伝もよく酒の時に聞いた。

馴染みの酒屋も四ツ谷にあって,ボクたちはその店に寄ってお供えする大吟醸を買ってきた。

亡くなってから持ってきても仕方ない。もう一度,ご一緒すればよかった。

17071104a.jpg

98才である。全体的に大往生を穏やかに送る雰囲気の中,一人号泣していたのはなおみである。

母は棺を閉じるとき「お義兄さん,ありがとう」と叫んだ。

梅雨なのに信じられないほど暑い日だった。

伯父さん,さようなら。

休日というべきか

  • 2017/07/10 23:56

忙しかったと言うべきか。

義母主催の食事会。子どもたち夫婦が集合。腰の具合待ちだったボクも注射のおかげで参加することができた。

そうなればたとえ椅子にへたりながらでも天才料理も全開

かつおとタコのマリネ。ソースはオレンジジュースベース♪

多すぎる(笑)十八番のひとつ,ムール貝ワイン蒸し。

他に帆立貝の混ぜご飯もボク的にはいちばん美味しくできたのだが一口ずつであとはお持ち帰りに配られた。みんなの持ち寄った料理も多いし,お義母さんのケーキも数種類だったため。

15時半においとま,そのまま圏央道経由中央で原村へ。

母がサーモンやズッキーニの夕食を作って待っていてくれた。

と言うのは他でもない。

満月の昇る頃,蛍撮影隊に出発。

まだ蛍には少々寒かったか(;^_^A

いやな予感そのままに三時半起きして月の入りを狙った満月は雲の中に消えた。

肌寒いほどの山の朝。

大きなきゅうりがなってたー♪

朝寝。

昼寝。

冨士見に買い物に降りて,そのまま入笠山にドライブした。

8時から15時まで入山規制になったそうで通せんぼされたが,一行のメンバーを見て通してくれた。

湿原を歩いたが50メートルがやっとだった。

帰りの上り坂は途中でにっちもさっちも行かなくなり,先行していたなおみにカメラを取りに来させて空身で登る。

治癒の道は遠い。

帰って母とマロンを連れて東京に向かう。

すいか祭り

  • 2017/07/08 08:14

17070706a.jpg

17070701a.jpg

17070702a.jpg

17070703a.jpg

17070704a.jpg

17070705a.jpg

仕事です(;^_^A仕事。

三島の親友夫婦から「子どもたちに…」と大きな函南スイカを二つも頂いた。

ちょうど小学生も中学生もいちばん多い日。

気前よくさくーっと切ってスイカ祭り。

通りかかってタローを見て座り込んでしまった赤ちゃんとお母さんにも差し上げた。

函南スイカ…フツウのスイカより数段格上。

仕事

  • 2017/07/05 23:36

ツイッターのタイムラインを見ていると,みんながいかに週末を楽しみにしているか分かる。

月曜にはブルー,水曜には半分過ぎたからもう少し,金土はお祭り騒ぎのツイートがひっきりなしに流れてくる。

自分の時間を大切にしている人たちには仕事の時間はとにかく我慢するときなのだろう。

ボクたちも仕事に全てをかけている仕事人間ではない。さして儲かる仕事でもないのに責任は重い。

身体もきついので週末も楽しみである。

だが,週末を待つ他の多くの人たちとは少し違う。

17070501w.jpg

授業が終わってもワイワイぐずぐずと帰らずにおしゃべりしていた中2の男女のいたずらがきである。

I love なおみ先生よりも I love シュウ先生の方が少し大きい(笑)

これだもんだから,世の中の人たちには申し訳ないくらいボクたちは仕事が楽しい。

週末,絵を描いたり,音楽を聴いたり,旅をしたりするのと同じくらい楽しいのだ。タローも一緒だし(笑)

HOPE

  • 2017/07/04 13:32

 

17070402w.jpg

17070401c.jpg

現状

  • 2017/07/03 19:53

走り回って見せましたが,現状「歩ける」まではいってません。

でも「立てる」「座っていられる」という大前進!!

ページ移動

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着エントリー

なかなか
2017/07/19 23:17
携帯を買う
2017/07/18 18:33
不器用ですから…
2017/07/16 22:30
神経ブロック
2017/07/12 22:47
葬儀
2017/07/11 23:59

新着コメント

Re:なかなか
2017/07/21 from cat-korokoro
Re:なかなか
2017/07/20 from Iri.
Re:不器用ですから…
2017/07/19 from シュウ
Re:葬儀
2017/07/19 from シュウ
Re:神経ブロック
2017/07/19 from シュウ
Re:休日というべきか
2017/07/19 from シュウ
Re:不器用ですから…
2017/07/19 from cat-korokoro
Re:不器用ですから…
2017/07/18 from チョコ
Re:葬儀
2017/07/18 from moe
Re:不器用ですから…
2017/07/18 from chimiri

Feed