エントリー

旅の空

  • 2017/09/24 12:35

連休

  • 2017/09/18 23:14

もともと月曜が休日のボクたちは祝日が月曜に移動する制度のためにずいぶんと休みを損している。

世の中は総じて三連休,ボクたちは通常の連休でその初日は台風が来て二日目は晴れて真夏のように暑い日になった。

この二日,一歩も外出しなかった。腰の具合がよくない。

夜明け前に痛みで目覚めるものだから頭も冴えず,痛くて横になるとすぐに転寝もする。

ただじっと座っている分には痛まないが,立ち上がると暫く痛む。

どうしても何かしようとする意欲が湧かない。トイレに立つのも億劫になる。

料理などして10分立つとベッドで数分痛みに悶えなければならない。

調子の上向いた数週間前にその調子に乗って旅に出たくなり来週の宿を予約してしまった。

どうしよう。

17091801p.jpg
石段 F6号

ここのところ練習しているのに絵もうまくならない(笑)腰の治るのと上手になるのとどっちが希望あるだろう。

お灸

  • 2017/09/14 14:01

9月13日分

オフクロが右手親指の付け根が神経痛で知り合いにお灸を勧められた。

当然ながらボクにもどっさり送られてきた。

スライスしたしょうがの上に載せて使うらしい。

17091201m.jpg

んー,どうなんでしょう(笑)

伊豆に行った頃は腰の調子もすこぶる良く,このまま治っていくかに思えたがそう甘くはなかった。

三歩進んだ分はこの一週間に四歩下がった。

だが,辛い症状は足の痺れから腰自体の痛みに移りつつある。

診察日の朝,新しい痛みのポイントにマーカーで印をつけ,学部長にピンポイント注射をお願いした。

17091202m.jpg

注射はびりびり痺れるほど痛かった。効いたかな。

 

ちゃらT来る

  • 2017/09/14 13:43

9月11日分

タローの親友ちゃらTが(偶然月曜が振替休日になったそうで)自宅アパートから歩いてやってきた。

17091101m.jpg

お土産を届けに来たのだ。

↓ビミョーなお土産

17091102m.jpg

どこの土産かというとシンガポールである。

新しく彼女になったばかりのユキちゃん(仮名)に会いに行ったのだ。

ちゃらTとつき合いだして間もなくシンガポール支社に研修で赴任しているそうだ。

1年間の遠距離恋愛。

ちゃらTはアフター5や休日にバーでバイトを始めた。

稼いだお金は全て航空券につぎこむ。

10月も11月もシンガポールに行くそうだ。

「先生,なおみ先生も痩せてますけど,ユキちゃんも痩せてるんですよぉ。

…痩せてる人ってやっぱ体弱かったりしますかねえ。もう心配で心配で。」

知るか。

ちゃらT,完全にウカレポンチである。

日曜補習終了

  • 2017/09/14 13:39

9月10日分

帰りに新宿のインド料理に寄った。

舗道にテーブルを出すほどにはやっている。

17091001m.jpg

味はタイヘンよいが量が多いのが難点。

17091002m.jpg

客も店員も大勢いたがその中で日本語を話せるのはボクたちだけだった(笑)

江戸前ホンビノス

  • 2017/09/14 13:31

9月7日分

噂の江戸前ホンビノス貝。Fクンが潮干狩りで漁ったと真夜中にバケツ一杯持ってきてくれた。

焼いて臨時酒盛りを開催したが二人ではもちろん食べきれず,翌日天才クッカー久々痛い腰を上げる!!

「江戸前ホンビノス貝とセロリの生パスタ クリーム仕立て」

17090601m.jpg

もちろんこれでも余って残りはなおみがむき身にして冷凍した。

名まえはヘンだけどウマいね,この貝。

 

春の歌

  • 2017/09/10 23:32

2月の結婚式で演奏したときの動画が未編集だったのでアップしました。

結婚式の日の日記はこちら

タロー動画更新

  • 2017/09/10 00:30

46/ひとり泳ぎ

 

癲癇(てんかん)だったようです

  • 2017/09/09 13:52

タローは0才のときに一度同じ症状で呼吸が止まったことがありました。医師の話ではてんかんのようです。劇症ですがてんかんでそのまま死ぬことは稀だそうです。心配なので先日の血液検査の結果をもらいに行くついでに症状を話しました。発作中は救急搬送などしてはいけないそうです。

これはネット検索で人間の場合ですが,光や音など特定の刺激で引き起こされるのは「反射てんかん」と呼ぶそうです。タローのはどうやらクッキーを噛んだときのコーンという乾いたクラック音による反射てんかんだと思われます。ガクッとなるのはさかんに耳を振るようになった2,3年前からですが,人間と違って脳波を取って原因をさぐるなどの医療は発達していません。クッキーを柔らかいものに変えて,金属の餌台にフェルトを貼るなど,音を封じる予防策しかありません。

今日は朝から何事もなかったかのように元気です。お騒がせしました。なおみは心配し過ぎて疲労がどっと出ていますが,医者の話を聞いて安心できました。

ダメかと思った

  • 2017/09/08 23:40

タローが鋭い金属音やクラック音に過剰反応し始めたのは,もうかれこれ3年ほど前のことで耳や口や思い当たるところはみんな診てもらって手術もしたが効果はない。

とくにクッキーを自分で噛んだ音にビクリというよりガクンとなって時には腰が抜けて座り込んでしまう。

今日は腰が砕けて腹が床についても,ガクンガクンと発作が止まらず,グワッシャと横倒しになって痙攣を始めた。驚いて「タロー!!」と叫びながら体をさすると,ダーっとよだれを流しながら体が硬直し,目は大きく見開いて瞳孔も開いた。なおみが悲鳴を上げながら,電話を取って病院の電話番号を調べるうちに,ボクの膝にピュッピュッとおしっこをしながら上半身の力が抜け,後ろ脚は不自然にねじれた。

もう助からないと思ったが,とにかく「タロー!!」と呼びながら体をさすった。オオカミのように固く食いしばった口に手を入れてこじ開けた。クッキーが喉に詰まっていないか心配だったからだ。タローはそれがボクの手だとわかったのか口を開き手が喉に入るに任せた。それと同時に目に光が戻り足をばたつかせた。助かるのかもしれないと思ってなおもところかまわず体をさすると,おしっこを垂れ流しながら立ち上がり,数歩歩いてぼーっと立った。ゆがんでいた顔が次第に戻り,意識も回復してきた様子を見て,ほっとしたなおみが汚物の処理を始めた。ボクはジーンズを脱いで水洗いした。

意識が完全に戻ったタローは不安らしく,しきりにむふむふとボクとなおみのところに交互に来ては汚物まみれの顔を寄せる。そして混乱の中で落ちていたクッキーに気づきぱくりと食べた。なおみはオレンジエックスでタローの体と床を拭き上げ,それからタローを連れて公園に行った。ボクは夜陰にまぎれて車に飛び込んだ。なぜってジーンズの着替えがなかったからだ。そのまま運転し,帰宅してなおみがタローの半身を洗った。タローはさっきまでの騒ぎがウソのように,いつものシャンプー後とおなじように床に転がりまくり,クッキーをねだった。

今はなおみと散歩に出た。発作は内臓などの重大な疾患から来るものではなく,おそらく聴神経付近のトラブルから引き起こされた。一瞬だが呼吸も止まったようだったので後遺症がないか心配だ。

ページ移動

ユーティリティ

2017年09月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ユーザー

新着エントリー

旅の空
2017/09/24 12:35
連休
2017/09/18 23:14
お灸
2017/09/14 14:01
ちゃらT来る
2017/09/14 13:43
日曜補習終了
2017/09/14 13:39

新着コメント

Re:旅の空
2017/09/26 from cat-korokoro
Re:旅の空
2017/09/25 from シュウ
Re:旅の空
2017/09/24 from Iri.
Re:連休
2017/09/24 from chimiri
Re:連休
2017/09/22 from joyママ
Re:連休
2017/09/22 from シュウ
Re:連休
2017/09/19 from Iri.
Re:連休
2017/09/19 from cat-korokoro
Re:連休
2017/09/19 from joyママ
Re:ちゃらT来る
2017/09/18 from ゆのたえ

Feed